スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロミロミワークショップ inハワイ その3

hana.jpg

研修の2日目はフラのチャントのレッスンからはじまりました。

チャントとは独特の単調な旋律で歌うハワイの伝統ある歌で、文字を持たなかったハワイアンが昔の王様や歴史、自然、伝説などをチャントによって後世に伝えてきました。

チャントにはハワイの神々の中でもっとも有名な、火の女神ペレがよく出てきます。
女神ペレは、世界でもっとも活発な活火山といわれる、ハワイ島キラウエア火山のハレマウマウ火口に住み、火山に対する人々の畏怖心と表裏一体の信仰を集めています。

私が行っていた時期は特に火山活動が活発で、日によっては火山の灰で煙が風にのって運ばれてくることがありました。

ペレにまつわる伝説は沢山あります。しかしそのどれもが、ペレについて、

「あまりにも美しく、出会う全ての男を魅了してしまう」
「あまりにも身勝手で、思い通りにならないと
すぐに火山の怒りを爆発させる」
「あまりにも負けず嫌いで、強い相手にもひるまず、
弱い相手にも容赦しない」

という、「奔放な美人」そのものとして描いているところは共通です。

人々のペレに対する信仰は、畏怖心だけでなく、「奔放な美人」に対する憧れのようなものが、女性にとっても男性にとっても、根底に流れているような気がします。
だからこそ、今でも、ハワイ各地で「ペレの化身」にまつわる言い伝え、(白い子犬を連れ、赤いムームーを着た美しい娘の姿で、宵の口に寂しい道沿いに現れる、など)が、生きているといわれています。

今日は授業の中で、出てきたハワイ島にまつわる伝説を紹介します。

ハワイ島の花でオヒア・レフアという植物があります。

オヒアは火山国立公園やプナ・エリアに広く植生するハワイ固有の樹木で、溶岩が流れた後、不毛の大地に一番最初に生えてくるたくましい植物です。その木に咲く花は木とは別の名前を持っていて、それがレフア。なぜひとつの植物が木と花で違う名前を持っているのでしょう。    

それはハワイに古くから伝わる伝説にもとを発しています。ハワイにはたくさんの伝説がありますが、その中でも一番よく知られている話がこのオヒア・レフアの伝説なのです。

かつてハワイ島にオヒアとレフアという美しい恋人同士が住んでいました。ある日、オヒアがハワイ島の南東部にあるプナの森を散策しているところを火山の女神ペレが見かけます。

大変ハンサムだったオヒアに一目惚れしてしまったペレは、オヒアに自分の恋人になるよう迫ります。ところがオヒアにはレフアという将来を誓った恋人が。オヒアは丁重にペレの申し出をことわりました。

この答えに大変怒ってしまったペレは、すぐさまオヒアをプナの森に生える木に変えてしまい、オヒアは恋人のところへ戻れなくなってしまいます。
その日からレフアの受難は始まりました。いつまでたっても戻ってこない恋人を探し求め、レフアは泣きながらプナの森をさまよいました。
レフアが泣く度には雨が降り続き、プナの人々はいつまでも太陽の光を見ることができません。

この事態に何事かといぶかしんだ他の神々がレフアに事情を聞いたところ、恋人が木に変えられてしまった事で悲しんでいるのだとわかります。
同情した神々は、さりとて一旦木になったオヒアを人間に戻す事はできず、代わりにレフアをその木に咲く花にしてあげることで、再び一緒になれるように取りはからったのでした。

この伝説はハワイに住む人なら誰もが知っているお話。今でもハワイアンは、むやみにレフアの花を手折るな、と子供たちに教えます。「むやみにレフアを摘むと、オヒアと離ればなれになった彼女が泣いて、雨になる」と信じられているのです。

スポンサーサイト
プロフィール

huu2005

Author:huu2005
HuuのHPへ

横浜・保土ヶ谷でアロマセラピー・ロミロミ・ホットストーンなどのサロンをしているセラピストが日々のたわいもない出来事やメニューのご紹介などをしています。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。