スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイ島 コーヒー農園

20060227014456.jpg
早いもので、2月も終わりに近付いてきました。今年に入ってから、2ヶ月間・・ほんとうにあっという間に過ぎてしまったように思います。 今日は雨だったせいか、肌寒く感じられる一日でした。 今回は1月にハワイ島で訪れた、コーヒー農園についてお話します。 世界でも「極上」のコーヒーとして知られるコナ・コーヒーはハワイ島のコナ地域でしか栽培されていない、ブルーマウンテンと並ぶ、生産量の少ない世界最高級のコーヒーです。 独特の風味が特徴のコナ・コーヒーは、1928年にリオデジャネイロから持ち込まれた苗木が始まりといわれています。 ハワイ島のマウナロア山とフアラライ山の裾野に「コーヒーベルト」と呼ばれる地帯が広がります。この辺りの土地は豊かで水はけが良く、コーヒーの木に必要な栄養条件が全てそろっています。熱帯特有の日光と適度の雨、日中の暖かな風、夜の涼しい風など、コーヒーの生育に申し分ない環境で、強すぎる直射日光は雲が遮り、激しすぎる風は周囲の森が防いでくれる…全てがコーヒー栽培に理想的な条件だそうです。 今回、訪れたのはグリーンウェルのコーヒー農園で、日本にも20年間住んでいらしたという、バイリンガルのダニエルさんが農園を案内して下さいました。ダニエルさんはKONA OHANA GUESTHOUSE というB&Bも経営されています。中には露天風呂もあり、コナコーヒーも飲み放題だそうです。 (www.konaohana.com) 通常コーヒー豆は機械で収穫されますが、コナ・コーヒーの場合は栽培から収穫まで手作業で行われます。コナ・コーヒーの農場では赤く熟した豆だけを手で摘むので、完熟コーヒーの、あの最高の香りが生まれるのだそうです。 コナ・コーヒーの生産地はコナ地区に限られ、しかも有機農法による手作業で栽培されるので生産量は世界のコーヒー生産高の1%未満。そのため、ハワイ以外でコナ・コーヒー100%の品を手に入れることはほとんど不可能です。 こんなお話を聞いた後に、飲むコーヒーの味は格別なものでした。 飲みすぎは健康にはよくないですが、コーヒーの香りはとてもリラックスした気持ちにさせてくれます。
スポンサーサイト

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

huu2005

Author:huu2005
HuuのHPへ

横浜・保土ヶ谷でアロマセラピー・ロミロミ・ホットストーンなどのサロンをしているセラピストが日々のたわいもない出来事やメニューのご紹介などをしています。



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。